News & Topicsニュース&トピックス

  • M-AIRE MG-56MLS&MG-56MLC

    エムアイレより大人気グラスロッドMG-56MLSとMG-56MLCが入荷です。同モデルのスピニングとベイトモデルのみの入荷ですが結構な本数が納品されました。もちろん大半がお客様の注文品ですが。新春に開催された来店イベントでも今年も圧倒的な人気だった同製品はグラス素材らしい美しいベントカーブにグラスロッドとは思えないほどの芯の強さと軽さ、ビンテージ感を漂わせるどこか懐かしいカラーリングにトラウティストの皆さんも魅了されてしまったんですね。うん。頷けますね。フリー在庫分も数本はありますがそんなに考える時間はないと思いますよ。あ、そうそう。カーディナルやミッチェルのようなクラッシックリールが一番しっくりくる組み合わせだと思います。渓流釣りをより一層楽しめる逸品です。ご検討してみてください。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.04.01New!
  • Ray Tune Duplex DP45RR

    Ray Tuneより新製品のDuplex DP45RRが入荷しましたっ。Ray Tuneファンの皆さん、上原ファンの皆さん、大変、大変長らくお待たせしましたーっ!今回入荷したのもフェイズの後継モデルとなる量産バルサコアハイブリッドミノーデュープレックスの弊社オリジナルカラー。それでは早速入荷したカラーをご紹介させて頂きます。入荷したのは、クレイジーアマゴ・リアルアマゴ・ギャラクシーヤマメ・オイカワ雄・ウグイ婚姻色・レインボー・イワナ・鉄仮面アマゴ・黄金アマゴ・クレイジーアマゴマット・リアルアマゴマット。そうです!居着きアマゴを除けば50と同じカラーラインナップの入荷です。今回は結構な数が入荷しておりますのでウェブショップでの販売ではなく電話でもメールでも大丈夫でーす。皆さまからのご注文お待ちしてまーす。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.04.01New!
  • RIVER WALK Vol.2 発売記念 水辺写真家 知来 要氏 スライドトークショー

    一昨年創刊したRIVER WALKが今年Vol.2を発行する運びとなりました。既にRIVER WALKの創刊号とVol.2をご覧になられら方ならRIVER WALK 若林編集長が伝えたい想いも届いてることでしょう。Vol.2の今号ではいつも美しい水辺と水中の写真で僕らを楽しませてくれる水辺写真家の知来 要さんが特集されています。今回はその発売に合わせ、知来さんのスライドトークショーを弊社で開催して頂けることになりました。知来さんの美しい写真もスペースの許す限り飾って頂くつもりです。あ、もちろん弊社のお客様でも多く愛用されているカメラOLYMPUS TGでの水中写真をはじめとするフィールドでの様々な撮影方法なんかも教えてもらえるようにお願いしておきましたよ。トラウティストの皆さん、当日はスケジュール空けといてくださいよーっ。絶対有意義で楽しいひと時になりますよ。あ、もちろん当日は美味しい珈琲もご用意させて頂きます。素敵な時間をトラウティストの皆さまに。

    2018年03月17日(土) 1部15:00 ~ 2部19:00 〜

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.08
  • SIMMS 2018 Fishing Gear

    SIMMSより2018フィッシングギアが入荷ですっ。それでは早速入荷した製品をご案内させて頂きます。今回は全て欠品補充となります。まずウエーダーの欠品補充はG4Z、G4PRO、新しくなったG3ガイド、ヘッドウォーターズが入荷しましたので全サイズとも現状在庫ありです。他にはでフィッシングベストのガイドベストのカモローデンとスチール、バーチカルメッシュベスト、ヘッドウォーターズメッシュベスト、G3ガイドベスト。ウェーディングシューズのG3ガイドブーツビブラム&フエルト、FSブーツビブラム&フエルト、ヘッドウォーターボアブーツビブラム&フエルト、ヘッドウォータービブラム&フエルト、ハードバイトスタークリーツ、ハードバイトスタッド、アルミバイトスタークリーツなどほぼ全サイズ在庫補充完了です。あ、ザ・ナチュラリストリバーサイドのオリジナルワッペンはまだ少し時間が……。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.08
  • 内外出版社 Lure Magagine River Vol.44

    内外出版社よりルアーマガジンリバーVol.44が入荷でーすっ。今号の特集は鱒新作大解剖と題して鱒釣り道具とその誘引力、北海道道東を舞台に石塚さんのプロトロッド片手に北方の鱒たちと戯れる、名竿ミッジミノーイングから継承された繊細なアクション、渓流釣りのバリエーション、横向きフローティングディープ、北の大地で磨かれつつある鱒竿、最適レンジで粘る50ミリヘビーシンキング、機動力を活かして盛期の渓流を楽しむテレスコピック、フィッシングショー突撃レポート、平本仁の新たな発送、僕らの渓流二人歩記、イワナエレジー、道北ワイルドレインボーゆるゆる紀行、本山博之プロデュースタックル、新コンセプト擁したイグジスト、ステラのキーワードは永続性、トラウトタックルカタログなどなど。今号もトラウト情報満載です!

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.08
  • M&N CORPORATION TS-MN-HTZ series & SS MN-TZ series

    M&N CORPORATION より TS-801/804/806MN-HTZ、SS-411/501 MN-TZが入荷です。今回の納品は先日の来店イベントでご注文頂いた一部とお店の欠品補充分ですっ。お客様のご注文分は入荷次第その都度ご連絡させて頂きますのでご安心ください。同ブランドの製品はしなやかなブランクの中に適度な張りと粘り、そして異常なまでの軽さが生み出す超高感度を感じて頂ける仕上がりになっています。そう、多くの渓流トラウティスト、本流トラウティストが理想としていたロッドに仕上がっているのです。「万人受けを一切排除したプロ仕様の実践だけを重視したザ・プロフェッショナルロッド。曲げて獲るをコンセプトにゲーム性を損なわず、驚くべき軽さとハードなトゥイッチを円滑に …… このスペシャルロッドを贈る。」  ー M&N corp. 広告より ー

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.08
  • M-AIRE MB-78MS ほか

    M-AIREより2018年モデルの入荷が始まりましたよっ!第2陣で入荷してきたのはMB-78MSなどの同ブランドの本流からサクラマスゲームをカバーするラインナップです。早速ご注文を頂いたお客様には発送&ご連絡させて頂きました。解禁に間に合ってよかったです。フリー在庫も数本納品してもらいましたが相変わらず遅いこの入荷案内で既に在庫は完売となりました。ホントにごめんなさい。さぁ、いよいよ今シーズンも始まりましたね。今回の本流、サクラマスゲームのロッドに続きいよいよ新作渓流ロッドも入荷してきますよ。昨年爆発的人気だったグラスロッドが今年はレングス違いで登場です。とっても楽しみですね。あ、メーカー在庫はもう完売かもしれません。けど、弊社のフリー在庫で入荷してくる分には少しだけならご予約の枠が……です。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.08
  • SOULS 2018 Fishing Gear&Tackle

    SOULSよりTF-E46LS-TZ&50/56ULC1P-TZ、再入荷のアヴァンギャルドの50が入荷しましたっ!他にはイベントでご注文頂いておりましたSOULSが展開する様々なフィッシングギアと少しのミノーもいろいろ入荷してます。ご注文入荷分に関しましては全て入荷したお客様にご連絡をさせて頂きました。残りのご注文分もホントにそろそろ入荷する頃だと思いますよ。もう少しだけお待ちください。「エクスプローラーはプラッキングの汎用性を追及したモデルであらゆる場面でストレスなく使用することができるマルチパーパスロッドです。ラインスラックを積極的に利用するメソッドにもラインをタイトにストレッチした状態でラインスラックを全く利用しないメッソドにも対応するようにテストを繰り返して完成させました。」   ー SOULS HPより ー

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.08
  • ぷらぐ屋工房 Goody Minnow 神楽7MD&8MD

    ぷらぐ屋工房より新しくデザイン変更された神楽シリーズの新作7MDと8MDが入荷ですっ!それでは早速入荷したカラーをご紹介しましょう!神楽7MDで入荷したカラーはグリーン・ギンクロ・イエローパーマーク・ゴールドパーマーク・オレンジパーマーク・ブルー・蛍光イエロー・蛍光ピンク・アユ・ヤマメ。続いて神楽8MDで入荷したカラーはブルー・ゴールドアユ・オレンジパーマーク・蛍光イエロー・ゴールドパーマーク・イエローパーマーク・蛍光ピンク・グリーン・ヤマメ・アユなどなど。他にも同ブランドのハンドメイドミノーはいろいろ在庫しています。ご来店の際にはゆっくりご覧ください。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.07
  • 魚類模型作家 吉田 光 鱒の木製彫刻『ヤマメのミノー』

    魚類模型作家 吉田 光さんより鱒の木製彫刻『ヤマメのミノー』が入荷してきました!いったいどうやったらこんな細かい作業が作品が出来るのでしょう。吉田光さんの作品は日を追うごとにリアリティと迫力がどんどん増していっているような気がします。ホントにっ。今回のこの作品はお客様のリクエストを忠実に再現された巨大ミノー木製彫刻作品です。写真では作品の大きさが上手く伝わらないでしょうけど全長は約30cmのド迫力ミノーなんです。手前に写ってるカーディナルでなんとなくは伝わりますか?貴方の部屋にもこんな素敵な作品をおひとつ飾ってみては如何ですか?吉田光さんがこの作品同様貴方のご希望を忠実に丁寧にカタチにしてくれますよ。それにしても美しい……。あっ、納期だけはしっかり掛かりますので覚悟してくださいねっ!

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.07
  • Atelier Verite Landingnet NC250/300ほか

    Atelier VeriteよりLandingnet NC250/300ほか14本がドカッドカッと入荷でーす。今回入荷した14本のうちフリー在庫としてご紹介出来るのは …… 残念ながらゼロです。全部お客さんの注文品でした。ごめんなさい。先日の受注会でご注文頂いた作品が今回も仕上がってきました。でも、せっかくなので入荷した作品を少しだけご紹介しましょう!入荷したのはシーズンインした渓流モデルでNC250が7本、NC300が3本、S320が1本。本流モデルではS460が1本。サクラマスモデルではWS500が2本仕上がってまいりました。グリップはシャム柿上杢・花梨瘤青白・花梨瘤紅白・花梨瘤紅上杢・花梨瘤白などをはじめとする銘木群に、これまた高品質のフレームを組み合わせた上質で美しい作品ばかりです。同時にご注文頂いていたストリングコードとマグネットリリーサーも入荷しています。次回入荷も注文品一色になると思います。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.07
  • L.W.Works Chirai 150 2018 Limited type Shallow & Middle

    L.W.WorksよりChirai 150 2018 Limited type Shallow & Middleが入荷です。どうですか?このリアリティ。素晴らしい!本物の巨大アメマスと海アメの顔つきになってますよね。さぁ、早速今回入荷したチライ150の限定品をご紹介させて頂きまーす。今回は夜光貝モデルの特別仕様で細部までも丁寧に表現されたチカラの込められた作品です。入荷した作品はシャローモデルとミドルモデル、カラーは雄と雌が入荷しました。が、既に完売になった作品も出ていまーす。相変わらず遅いご案内ですみません。ホントにホントにごめんなさい。店頭フリー在庫のチライ150はバッチリ在庫してまーす。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.06
  • つり人社 鱒の森 No.44

    つり人社から隔月発売になった『 鱒の森 No.44 』が入荷しました。いや、してました。今号も僕の案内が遅過ぎですね。ホントすみません。それでもチラッとだけはご紹介させて頂きまーす。今年最初の特集は「春の渓が待ちきれない2018年の渓流ミノーイング白書」と題して“ 復権のフローティングミノー ” “ もっと自由に渓流ベイトフィネス ” “ 渓流ベイトフィネス専用ブランクを求めて ” “ 沢釣りのベストバランス ” “ 渓で使えるPEラインシステム ” “ 1mの駆け引きに燃える ” “ 桂ヤマメのバルサミノー戦術 ” など。他には地に足を水にイトを、イワナ狙いの傑作小型スプーン、弊社のお客様にもお馴染み朝賀さんの雨とイワナとあかまっこだん、ニゴリに煌めく秋田サクラマススプーン戦術などなど。今号もトラウト情報満載でーす。か、完売です。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.06
  • Schindler H.L.S. BENKEI&USHIWAKA50

    Schindler Handmade Lure Studioより BENKEI&USHIWAKA50 が入荷しました。が、オールフリー在庫にも拘わらず僕の案内が遅くなってしまい既に今回の営業日で店頭在庫分は完売となりました。相変わらず遅い入荷案内でホントごめんなさい。それでも入荷したカラーだけはご案内させて頂きます。入荷したのはヤマメ・イワナ・サイトピンク・魅惑アカキン・トラウティストブルー・サイトグリーンなどなど。来月には美味しいトウモロコシ、シンドラーコーンの種まきが始まるそうです。でも暫くは毎月納品して頂けると思いますよ。ねっ、酒向さん。次回こそシビれる数の納品を期待してまーすっ!

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.05
  • WooDeam Arbor series

    WooDeamよりアルボルシリーズの欠品補充が到着でーすっ!それでは早速今回入荷したカラーをご紹介しましょう。なんて嘘でーす。だって、フルラインナップ全色なんですから。ただ、一通り発注してみましたが3月の終盤くらいにならないと欠品は埋まりそうにない雰囲気です。それではラインナップをご紹介しまーす。38FAT・40S・40SFLAT・50F・50S・50SMD・50SFLAT・70F・70HF・70FMD・70S・70S TYPEⅡ・70SLIPLESS、サクラマスやビッグトラウトモデルでは85STYPEⅡ・90HF・90F・90FMD・90S・110F・110FMD・110FHR・180Fの全22タイプでーす。いや、もっとあるはずですね。幾つかのモデルを書き忘れちゃってますね。すみません!もう本当にディスプレイのスペースがヤバくなってきましたっ。(汗)

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.05
  • 魚類模型作家 吉田 光 HY-90SF&SS

    魚類模型作家 吉田 光氏が作るハンドメイドミノー HY-90SF&SS が入荷分でーす。と言っても今回の納品も以前のイベントでご注文を頂きましたお客様分です。今回も結構な数の納品がありました。このペースだと今年の秋には完納できるような気がします。同作品のご注文受付け時にはシンキングとお伝えしたタイプですが材質密度の微妙な違いによってスローフローティングとスローシンキングになってしまうそうです。どうぞご了承ください。お知らせ:現在のところご予約は受付けておりません。来年は久し振りにHY-50Sの受注をしてくれると嬉しいけど。僕が思うに期待していいと思います。(笑)

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.04
  • 吉田 光 ✕ L.S.PERFETTO P.F.D.Emblem semi order

    入荷案内ではありませんが弊社オリジナルで販売を展開している吉田光さんとL.S.PERFETTOのコラボ作品『 P.F.D.Emblem 』の新しい販売方法をご紹介させて頂きます。今までは完成品のみをディスプレイしてお客さんに購入してもらっていましたが、これからはヘッドをたくさんご用意して見てもらおうと思います。待ってもらうことにはなりますがレザーを決めてステッチの色を決める。って感じでお客さんの好みで作品を作れるようになりますのできっと満足して頂けると思います。そしてヘッドもいよいよ皆さんに選んでもらえるレベルの在庫になってきましたよ〜。ちなみに今回は口を開いたサクラマス銀ピカとあまご婚姻色、ヤマメ婚姻色が入荷してます。専用ボードてディスプレイしていますので見応えありますよ。ご来店お待ちしてまーす。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.04
  • T-Craft Special STAG model

    ティークラフトよりランディングネットのスペシャルスタッグモデルが入荷です。今回も渓流で使う小さいサイズを作ってもらいました。この入荷分から先日ご案内した通りザ・ナチュラリストリバーサイド仕様の組み合わせで作ってもらってます。コントラストの強い黒の鹿角グリップにはフレームに黒檀・トチ縮み杢上杢・黒檀、手編みネットにはダークモスグリーン〜ライトオリーブのグラデーションを採用。ブラウンの多い鹿角グリップにはフレームにシャム柿・トチ縮み杢上杢・シャム柿、手編みネットにはラスティオレンジ〜ライトオレンジのグラデーションを採用。随分在庫も増えてきましたよっ。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.04
  • Handmade Minnow May TRAP50 H

    Handmade Minnow Mayより TRAP50 H の入荷でーすっ。前回の納品から店頭の方も十分な在庫量になってまいりましたので同ブランドの作品はフリー販売にさせて頂きました。今回も新色を含む以下のカラーが入荷です。入荷したのは新色のTYAMとTYAMOにAYU・YAM・YAMO・BSRの6色。ただ大変申し訳御座いませんが同ブランドの在庫確認を含むお問合せに関しましては営業日営業時間中の電話のみの対応とさせて頂きます。メールやメッセージでの返信をしているとその間に欠品になるモデル、カラー等もありますのでどうぞご理解ください。ご来店頂くのがやっぱり一番早いんですが……。

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.03
  • RIVER WALK RIVER WALK Vol.2

    RIVER WALKよりRIVER WALK Vol.2 が発売でーすっ!「イワナとヤマメが大好きな釣り人のみなさん、自然にもっと近づきたいと願うすべての人へ、リバーウォークという雑誌を作りました。舞台は川、森谷山を流れる渓流です。たくさんの鳥がさえずり、風が吹きわたり、、せせらぎやくぐもった渦の音が高く低く曲を奏でます。命をつなぐ水場や移動するための道として、動物や人が集まり、行き交い、跡を残し、時間をまたぐ物語が生まれます。どこまでも冷たく透明な流れには、イワナとヤマメ、様々な気配と少しの緊張感と、心地よい疲労感も含む幸せに浸りながら、竿を持って(ときには手ぶら)私たちは川を歩くのです。」表紙をめくるとこんな言葉が飛び込んできて、このリバーウォークの物語が始まりました。今月17日にはイベントも開催ですっ!

    詳細はこちら

    UPDATE : 2018.03.03
Back To Top